自民党総裁選に出馬の意向を固めた高市早苗さん。

 

もし高市さんが当選したら日本初の女性総理ということで注目が集まっています。

 

そんな高市さんを見て気になるのが髪、そして眉毛。

 

高市さんがテレビに出るたびにネット上では高市さんの髪と眉が
話題になっているんですよ。

 

今回は高市さんのウィッグや眉毛について調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

高市早苗の髪はウィッグ?

 

高市早苗

画像引用元 https://www.j-cast.com

 

こちらが2021年現在60歳の高市さん。

 

パッと見た感じウィッグという印象はあまり感じませんね。

 

違う角度の高市さんの画像がこちら。

 

高市早苗

画像引用元 https://smart-flash.jp

 

よくわからないですよね。

 

高市さんのホームページの画像を見てみたら、こんな感じでした。

 

高市早苗

画像引用元 高市早苗さんのホームページより

 

今より何年か前の画像だと思うんですけど、あきらかにこちらの髪の毛って自然ですよね。

 

それに比べて現在の高市さんの髪の毛は自然には見えないんですよね。

 

高市早苗

画像引用元 https://www.fnn.jp

 

高市早苗

画像引用元 https://www.zakzak.co.jp

 

高市早苗

画像引用元 https://bunshun.jp

 

トップの部分。

 

おそらくなんですけど高市さんは部分ウィッグをつけていると思います。

 

高市早苗がウィッグをつけているのは病気だから?

 

 

ウィッグをつけてるとがんで髪の毛がなくなったから?
と病気と関連付けて考えてしまう人がいるんですけど高市さんの場合はそうではありません。

 

高市さんは加齢による薄毛を隠すためにウィッグをつけているんだと思いますよ。

 

 

こちらの画像を見てほしいんですけど、今から2年前の2019年9月17日の高市さん。

 

高市早苗

画像引用元 https://asahi.com

 

今より髪の毛が薄いと思いませんか?

 

薄毛で悩む男性ってたくさんいますけど、女性も同じで薄毛で悩む人がいるんですよ。

 

こればっかりは歳をとってみないとわからないことなんですよね。

 

 

女性も年齢とともにホルモンのバランスが崩れ薄毛になる人がいます。

 

実際、高市さんは過去に治療が困難と言われている「関節リウマチ」を患っていて
かなり辛かった時期があったとのこと。

 

何種類もの薬を飲み、毎週自分で注射を打ったりしていたそうです。

 

 

高市さんがウィッグをつけているのは病気とは関係ないということですね。

 

 

高市早苗の眉毛が気になる?

 

ネットには高市さんの眉毛が気になる人がたくさんいます。

 

 

 

個人的に化粧で一番難しいと思うのは眉毛だと思うんですよね。

 

女性なら分かってもらえると思うんですけど、左右同じように描くのって難しいんですよ。

 

そして眉毛にも流行があるんです。

 

気にしてないと時代遅れの眉毛になってしまうこともあるんですよね。

 

高市早苗

画像引用元 https://www.nikkei.com

 

昔は細い眉毛が流行りましたけど今はある程度の太さが必要。

 

高市早苗の眉毛はアートメイク?

 

高市早苗

画像引用元 https://www.yomiuri.co.jp

 

高市さんの眉毛はアートメイクではないと思います。

 

アートメイクとは

皮膚に医療用の針を使って色素を注入するので汗や水でも落ちないメイクのこと。

タトゥーや刺青は半永久的に残るのに対してアートメイクは時間が経つにつれて
薄くなっていくんです。

個人差はあるようですけど2~3年でだんだん薄くなるそうです。

 

もしアートメイクをしたなら数年は同じ眉毛のはず。

 

こちらは2020年の高市さん。

 

高市早苗

画像引用元 https://www.asahi.com

 

現在の眉毛と違うんですよね。

 

並べてみてみましょう。

 

高市早苗

 

アートメイクをしたらこんなに眉毛の形は変わりません。

 

高市さんの眉毛はアートメイクではないということです。

 

まとめ

 

今回は第100代の総理大臣になるかもしれない高市早苗さんのウィッグと眉毛について
調べてみました。

 

  • 高市さんは2021年に入ってからウィッグをつけ始めた。
  • 眉毛はアートメイクではない。

 

ということです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。