現在夫と離婚調停中のタレント、熊田曜子(くまだ ようこ)さん。

その熊田さんが元カレとも警察トラブルがあったと週刊文春が報じました。

 

現在の夫も元カレも警察トラブルで被害者は熊田さん。

 

これって偶然なんでしょうか?

 

文春の報道によりますと熊田さんは元カレからストーカーされたという話は
嘘のようなんですよね。

 

どうして熊田さんはそんな嘘をついたのでしょうか?

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

熊田曜子は過去にも元カレからストーカーで警察トラブル?

 

熊田さんは元カレからストーカー被害を受けていたということ。

 

それを目黒警察に被害相談していたそうです。

 

熊田さんは現在の夫と結婚する前までXさんと交際していて
交際期間は2010年の5月から2011年の2月までの約10か月。

 

その間、何度も熊田さんの家へ行きメールも頻繁にやり取りしていたようです。

 

 

そして今から5、6年前にXさんは現在の夫であるAさんのFacebookに
メッセンジャーを使ってコンタクトをしたため、高輪警察署に相談し
Xさんに熊田さんへの接近禁止措置をとってもらったとのこと。

 

Xさんのもとには2019年1月24日に警察署から報告書が送られてきたそうです。

 

『平成22年5月頃から●●(熊田の夫の苗字)曜子と交際をしていたが、平成23年2月頃、同女から以降の交際を拒否された上、同月27日、警視庁目黒警察署の警察官から以後同女に関わらないように口頭警告を受けたにもかかわらず、同女使用の携帯電話機にSNS「Instagram」を使用し、連続してメッセージを送信するつきまとい等をしていたものである』            引用元 https://bunshun.jp

 

熊田曜子と元カレが別れた理由は?

 

熊田さんの携帯をXさんが見た時、有名企業の社長やテレビ局のディレクターとの
親密なやり取りがあったのでそれを熊田さんに追求したところ

「んなわけないじゃん」

とはぐらかされたXさん。

 

その後も何度も話し合いを続けた結果、熱くなったXさんが厳しく問い詰めたら
熊田さんは家から逃げ出して目黒警察署に駆け込んだそうです。

 

そしてXさんは警察から近づかないようにと警告を受けたとのこと。

 

自分の秘密がバレそうになったので熊田さんは警察に助けを求めたということですね。

 

熊田さんが元カレと別れた理由はXさん以外に他の男性の影がちらついたことを
追求した結果、警察トラブルになってしまったからだと思います。

 

ネットの反応は?

 

ネットでは熊田さんをこのように悪く言う人が多いです。

 

  • 自分が悪いくせに警察に頼りすぎ
  • 警察に駆け込むの初めてじゃないんだね
  • 浮気を疑われると男を悪者にして陥れるの常習犯なのね

 

そして熊田さんの行動をよくある手口という人もいました。

 

ツイッター

 

付き合っていた彼と別れるためにここまでしないと別れられないのって
大変だな、と思いました。

 

それからこんなに厳しい意見もあがっていましたよ。

 

ガルちゃん

ガルちゃん

 

警察も日々いろんな事件や事故がある中で本当に警察を必要としている人たちに
救いの手が差し伸べられないことは避けたいと思います。

 

この騒動に巻き込まれた警察官がかわいそうですね。

 

 

熊田曜子が被害者というのは嘘だった?

 

熊田さんは都合が悪くなると警察へ逃げ込んだり通報したりしているように
報じられていますよね。

 

熊田曜子

画像引用元 https://news.yahoo.co.jp

 

元カレXさんも夫のAさんも熊田さんときちんと話をしたかっただけだと思うんです。

 

二人の問題は二人にしかわからないはず。

 

 

熊田さんのようにヤバイと逃げるのではなく、自分がしてしまった過ちを認め謝れば
どちらも丸く収まったかもしれません。

 

そして次は同じ失敗をしないようにするのが大人。

 

元カレXさんは口論の末いきなり加害者となってしまい、なんとか話し合いたかっただけなのに
警察トラブルに発展してしまったということでやるせない気持ちがあったと思います。

 

夫のAさんもきっとXさんと同じではないでしょうか。

 

本当に熊田さんは被害者なんでしょうか?

 

これにはみんなが疑問を抱いています。

 

嘘はついていいときと悪いときがあると思いませんか?

 

警察を巻き込んでしまうとその人の人生まで狂ってしまう可能性もありますよね。

 

慎重に行動してほしいと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。